月に一度の簡単な検査

当店では毎月、性感染症検査を実施しております。
お店で簡単に出来るものなので面倒な手続きや、わざわざ病院に足を運んで頂く必要は御座いません。
女の子全員が気持ちよく健康に働けるように、きちんと許認可のある衛生検査所と提携し、性感染症の蔓延を未然に防げるよう真摯に取り組んでおります。
また、万が一検査に引っかかった場合には、当店と提携のある婦人科のクリニックも御座います。

性感染症とは

性感染症とは性病とも呼ばれ、オーラルセックス(口を使った性行為)を含めた全ての性行為によって感染する病気を指します。
性病と言われると風俗で蔓延する病気のように忌み嫌われますが、ごく普通のカップル間や性行為をなしにしても感染者が利用した公共のトイレなどふとした所でも十分に感染する可能性のある病気です。

性感染症 女性の症状 男性の症状

クラミジア感染症

感染している女性の80%は症状が出ず、気付かない場合が多いが日本で感染者が最も多い性病。
おりものの増加
不正出血
性交時の痛み
尿道からの膿み
精巣上体の腫れ
軽い発熱

カンジダ症

人体にもともとある菌とも言われ、体調を崩したりなどで発症する事もあり、女性の感染者が多い。
外陰部や膣のかゆみ
ヨーグルト状のおりものの増加
亀頭のただれや水泡
亀頭が赤くなり白いカスが出る

淋菌感染症

オーラルセックスによる感染が多く、男性に多い性病。クラミジアと似ており、女性には症状が出にくく気付きにくい。
おりものの増加
不正出血
性交時の痛み
尿道からの膿み
精巣上体の腫れ
発熱や激しい痛み

梅毒

昔は不治の病として有名でしたが、現代では早期治療で完治する病気です。アナルセックスでの感染が特に多いと言われています。
皮膚や粘膜にしこりがある
太ももの付け根が腫れているが痛みはない
ピンク色の痣や脱毛症状がある。

膣トリコモナス症

肉眼では確認できない原虫が入り込み炎症をおこす病気。性行為に関係なく、便器や浴槽での感染もある。
悪臭の強いおりものの増加
外陰部や膣の強いかゆみや痛み
尿道からの膿み
尿道炎

咽頭クラミジア

感染者にフェラなどを行う事で感染。性器クラミジアに感染している女性の20%は同時に感染している可能性があります。
のどの腫れ
のどの痛み
発熱など風邪の様な症状

咽頭淋菌

感染者にフェラなどを行う事で感染。淋菌に感染している人の30%は咽頭も感染している可能性があります。
症状がなにも出ない事がほとんどなので気付きにくい。

B型肝炎

感染力が高く、肝機能が低下する病気。意外にも性行為にて感染するのですが、半数以上の人が症状が現れないまま自然に治ります。症状が現れた人も、3ヶ月ほどで自然に治ります。
2ヶ月ほどの潜伏期間を経て、倦怠感や食欲低下、発熱や黄疸が出る。

C型肝炎

性行為による感染は低く、ほとんどが血液からの感染によるもの。A型肝炎やB型肝炎に比べて症状は軽いのですが、慢性化する事がある。
半月〜3ヶ月の潜伏期間を経て、倦怠感や食欲低下、発熱や黄疸が出る。

HIV

現代では必ずしも死に至る病ではなくなりましたが、治療にはまだまだかなりのお金がかかってしまうもの。主に粘膜や傷口から血液内に入って感染します。
発症まで10年近くの歳月がかかり、発症すれば免疫力が低下する。

お客様への対処法

上記の症状が現れているお客様についた場合は、お店のスタッフにしっかり連絡を取りましょう。
基本的には代金をお返ししてサービスを中止します。

注目ポイント

お客様のココに注目!!

のど

粘膜の接触での感染も起こるので、プレイ前に必ずうがいをしていただく。

貴女の身体に触れる際、長過ぎると傷つけてしまう可能性があります。

性器まわり

膿みやできもの、腫れたりなどといった疾患症状がないか?
衛生的かどうかしっかり確認!!

検査も大事ですが、もちろん病気にはならないのが一番!!
貴女自身でできる予防法をご紹介します。

提携婦人科クリニック